drmeetupPD01_revised

Digital Research Meetup #6 開催

Digital Research Meetup #6 開催 Webサービスの運用管理を自動化するPagerDuty、機械学習でさらに成長 デジタルリサーチは2017年10月11日(水)、GRAIN(東京都渋谷区神宮前5-21-1)にて第6回目の読者参加ミートアップを開催しました。 今回のミートアップでは、DR第6号でご紹介した運用管理支援サービス大手PagerDutyからゲストを招きました。同社は2017年8月にオーストラリアに拠点を設立し、Asia-Pacificへ本格的に進出しました。その拠点を束ねるHead of APACのDavid Wall氏、PagerDuty社 APJ ディレクターオブチャネルアンドアライアンスのStephen Foster氏、ソリューションコンサルタントのAbhijit Pendyal氏にご講演をお願いし、PagerDutyの日米での利用例や、今後実装する予定のマシンラーニングによるインシデント対応の自動化について紹介していただきました。 PagerDutyは、監視システムからのアラートを集約して、最適な部署に対応してもらうように通知でき、メールやSMS、音声メッセージなどでアラートを確実に送ってくれるというツール。世の中にあるさまざま監視サービスとのエコシステムを構築している点が特徴です。監視ツールと接続してアラートを確実に集約。いったんフローを設定すれば、インシデントレスポンス対応を自動で回せます。インシデント対応の記録も残すので、あるインシデントに誰がどう対応してどの程度のダウンタイムで済んだかも分かりますし、それを利益などの数字で定量化することもできます。 PagerDuty Head of APACのDavid Wall氏 David Wall氏の講演によれば、Fortune 100企業のほとんどが採用しており、スタートアップの世界でもNetflix、Hulu、Uber、Lyft、Instacart、Slackなど一流プレーヤーがユーザーになっています。北米のエンジニアの感覚だとWebサービスを立てるなら運用にPagerDutyがデフォルトといっていいでしょう。今回のミートアップでは日本企業のユーザー事例も既に多数あることが紹介されました。 そして今回のミートアップの注目は、Abhijit Pendyal氏によるデモです。多種多様なアラートをタイムラインで一元表示するダッシュボードや、過去のインシデント対応の履歴から今起きている状況に最適なエンジニアを探せる機能などを紹介していただきました。参加者の中にはPagerDutyを既にお使いの方もいたのですが、「今まで使っていないけれどすごく便利な機能があると分かった。さらに詳しく知りたい」という声も寄せられました。 PagerDuty ソリューションコンサルタントのAbhijit Pendyal氏 Pendyal氏は2017年9月に発表した機械学習による自動化機能についても簡単に紹介。これは過去のアラートとインシデント対応のビッグデータを基に、インシデントの発生を予測し、さらにどう対応したら最適化を予測して、レスポンスができるようにしするもので「おそらく3から6ヶ月のうちにローンチできる」とのこと。 懇親会では、PagerDutyの日本企業での利用事例や、機械学習の機能、その実装時期について参加者から活発な質問が飛び交いました。 <ゲストスピーカー情報> David Wall PagedDuty Head of APAC Stephen Foster PagedDuty Director of Channel and Alliances, APJ Abhijit Pendyal PagedDuty Solution Consultant PagerDuty https://www.pagerduty.com/ そのほか、デジタルリサーチの提供するテクノロジー選定プラットフォーム「DRive」の紹介などを行いました。今後も定期的にMeetupを開催する予定ですので、ぜひお気軽にご参加ください。 本件に関するお問い合わせ先[…]

 

Digital Research Meetup #5開催

Digital Research Meetup #5開催デジタルマーケティング時代のマーケティングとマーケターのあり方を探る デジタルリサーチは2017年10月4日(水)、Impact Hub Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3)にてミートアップを開催いたしました。読者参加イベントとしては第5回目になります。 今回のお題は「デジタルマーケティング時代のマーケターの役割」。ディスプレー広告の配信をユーザーの関心度により最適化するプラットフォームを提供するAdRoll社の協力により、そのユーザーでもあるクラウド経費精算システムのコンカーからマーケティング本部長・柿野拓さんを招き、デジタルマーケティングについてのお話をうかがいました。読者のみなさんの交流拡大も重要なテーマですが、今回はマーケティングにご関心のある多数の方が集まってくださいました。 ミートアップはAdRoll日本法人 代表取締役社長・香村竜一郎さんの乾杯の挨拶で開幕。前座として弊社チーフエディターの齋藤淳が、最近のマーケティングの世界の現状を、データベースサービスDRiveを用いて作ったツールマップを示しながらご紹介しました。 その後は今日のメインテーマについて、AdRoll新規ビジネス開発・執行役員の蓑輪誠一さんが聞き手となって、コンカーの柿野さんに質問するスタイルで、現代のデジタルマーケティングやマーケターのあり方を十二分に話していただきました。 蓑輪さんが投げかけた最初の質問は「永遠の課題!? セールス&マーケティングのあれこれ」。時に対立しがちなセールスとマーケティング部門の役割についてお聞きしました。「売れる営業担当者はリードの匂いを嗅ぎ分ける」という柿野さん。「そのスキルをいかにマーケティングのプロセスに乗せるかが大事。サッカーでいえば、うまくゴール前にボールを出してあげることがマーケティングの役目」だそうです。このために、マーケティング部門とセールス部門がそれぞれ明確なKPIを設定して緊張感を持ってコミュニケーションをすることの重要性を説明していただきました。 2つ目の質問「マーケティング担当者は少数。でもやるべきことは幅広い。どうやって実行する?」。参加者の多くが「あるある」とうなづいていたのが印象的です。柿野さんはご自身がマーケティング管理のために使っているダッシュボードの画面例を披露。ブランドの認知度、マーケティング部門、パートナー、セールス部門ごとの売り上げや、MQL(Marketing Qualified Lead・マーケティング部門が開拓したリード)がセールス活動に展開できた割合、そして実際にクローズできた数字などを一覧できるものです。「こうした可視化が大事なんです」と述べながら、さらにツールを使いこなすためのヒントも紹介してくださいました。 最後の質問は、「組織に依存せずマーケター個人としての価値をどう高めるか」というもの。「実はマーケターという言い方は嫌いなんですよ」という柿野さん。その理由は「マーケターといっても実際は、マーケティングだけやっているかというとそうではなく、売り上げをあげるために会社内のボトルネックを解消することが役割だから」。「ボトルネックを解消するには、他部署と調整できて、ツールを駆使して、きちんと(曖昧でない)話ができることが必要。何でもやる覚悟でいろいろな仕事をしないといけない。その時に自分の考えるマーケティングが会社全体のなかで、何に当たるのかを自己定義・認識できていれば、より面白く仕事に取り組めると思う」。 さらに蓑輪さんからは、柿野さんご自身の今後のチャレンジについても質問。「最適化を進めていくとプロセスは完璧に近くなっていくが、それに連れて仕事が面白くなくなっていくのも事実」という柿野さん。「楽しく仕事をするために新しいことに挑戦することが必要。そこで自分がやっているプロセスを海外の系列企業に向けて出していくことをしている」と紹介し、「それにより向こうからも反応が返ってきて、こちらのプロセスのイノベーションにつながる」という循環を披露していただきました。 専門的なお話はここまで、その後はアルコールと軽食を楽しみつつの歓談となりました。 ミートアップの締めは、今回の仕掛け人の1人であるAdRollシニアマーケティング マネージャーの矢田部さやかさんにお願いしました。「マーケティング担当者はさまざまな悩みを抱えていると思います。会社を超えてその悩みを共有したり、情報交換したり、解決策を模索できる場があるといいのではと思って、今回のミートアップを企画しました。今後も交流を図っていきましょう」と締めくくられました。 Digital Researchでは今後も同様のイベントを企画しています。デジタルトランスフォーメーションのテクノロジーに触れる機会をぜひお見逃しなく。 <ゲストスピーカー情報> 柿野 拓 氏 株式会社コンカー マーケティング本部 本部長 コンカーのマーケティングを統括。同社のスタートアップメンバーとして、出張・経費管理領域のクラウド市場創造に取り組む。デジタルマーケティングを積極的に活用しながら、営業とマーケティングの融合施策やPRドリブン経営などユニークな手法で経営を全方位で支える。 株式会社コンカー https://www.concur.co.jp 出張・経費、請求書管理のクラウドサービスを提供。米国Concur Technologiesの日本法人、ジョイントベンチャー方式で会社を運営。世界で36,000社の導入、利用ユーザー4,500万人を誇り、バックオフィス業務支援サービスのグローバルスタンダードとなっている。 <モデレーター> 蓑輪 誠一 氏 AdRoll株式会社 新規ビジネス開発 執行役員 住宅メーカーでの営業、オンライン広告等での営業経験を経て、2002年オーバーチュア株式会社に立ち上げメンバーとして参画。リスティング広告草創期からの市場拡大の実績を上げ、その後、2006年にビカム株式会社設立メンバーとして入社。シニアディレクターとしてデータフィードマーケティング分野の発展に寄与。2015年、AdRoll日本法人立ち上げに際し、戦略事業担当執行役員としてパートナーとの新規サービス開発を担うため入社。現在はB2B企業向けデジタルマーケティング最適化の拡大に努めている。 <AdRoll について by AdRoll> AdRollはパフォーマンス広告プラットフォームを提供し、全世界で3万5000社を超える広告主に採用されています。2015年6月には新規顧客へのリーチを拡⼤するAdRollプロスペクティングを開始しました。PC、モバイル、タブレットなどデバイスを横断しオーディエンスへリーチが可能で、フレキシブルなプラットフォームにより、AdRoll が有する12億超の世界最大規模のデータセット、AdRoll IntentMap™を活⽤し、独⾃のアルゴリズムで適切な広告スペースを適切な価格で入札することで、新しいオーディエンスへアプローチが可能なため、見込み客を顧客に転換させ、育成させるという購買ファネル全てを網羅したフルファネルマーケティング施策の更なる効果が期待できます。また、Google、Yahoo!、Facebookなど幅広い広告インベントリーソースにわたって透過性とリーチおよび広告施策の⽬的に応じてのより細やかな配信運⽤が可能です。 サンフランシスコに本社を構え、ニューヨーク、シカゴ、ダブリン、ロンドン、シドニーにオフィスを開設しています。また、Foundation Capital、Institutional Venture Partners、Accel Partners、Merus Capital、Peter[…]

 
thumb_dr1708

雑誌「Digital Research 2017年8月号」発刊

  Carbon Black CEOパトリック・モーリーのインタビューや 新世代エンドポイントセキュリティーを特集   株式会社デジタルリサーチ(以下、デジタルリサーチ)は、米国テック系スタートアップ企業の情報とトレンドをご紹介する雑誌「デジタルリサーチ2017年8月号」を発刊いたしました。印刷版のほか、PDFによるデジタル版も無料でダウンロードいただけます。 Digital Research 2017年8月号の内容 Carbon Black CEO パトリック・モーリー インタビュー 特集 Next Generation Endpoint Security クラウドとAIが変える新世代エンドポイントセキュリティー ITを支えるセキュリティービジネス デジタルサービス12選 注目スタートアップCxOインタビュー Leap Motion Michael Buckwald、Treasure Data Hironobu Yoshikawa、Original Stitch Jin Koh、TrueCare24 Bimohit Bawa、CUJO Einaras Gravrock インタビューほか こちらで印刷版をご購入いただけます。 富士山マガジンサービス http://fujisan.co.jp/pc/web-dr 本件および広告掲載に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 川尻 智幸 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
thumb_dr1704

雑誌「Digital Research 2017年4月号」発刊

  PagerDuty CEOジェニファー・テハーダのインタビューや 大手Webサービスのクラウドサービス活用術などを特集   株式会社デジタルリサーチ(以下、デジタルリサーチ)は、米国テック系スタートアップ企業の情報とトレンドをご紹介する雑誌「デジタルリサーチ2017年4月号」を発刊いたしました。印刷版のほか、PDFによるデジタル版も無料でダウンロードいただけます。 Digital Research 2017年4月号の内容 PagerDuty CEOジェニファー・テハーダ インタビュー 特集 Netflix & Hulu、Uber & Lyft、Expedia & TripAdvisorに見る 大手Webサービスのクラウドサービス活用術 ネット&リアルビジネスを支える デジタルサービス12選 注目スタートアップCxOインタビュー CAPPASITY Marianna Alshina、Osso VR Justin Barad、Volumental Alper Aydemir、Mobalytics Amine Issa インタビューほか こちらで印刷版をご購入いただけます。 富士山マガジンサービス http://fujisan.co.jp/pc/web-dr 本件および広告掲載に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 川尻 智幸 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
DR Magazine読者交流Meetup

DR Magazine読者交流Meetup開催

DR Magazine読者交流Meetup 〜 DR 第6号 特集記事早出し ! あの企業が使っている技術はどれ? 〜 2017年3月21日(火)、Impact Hub Tokyo(東京都目黒区目黒2-11-3 印刷工場1階)にてデジタルリサーチ主催のMeetupを開催いたしました。 Fintech、IoT、AI、VR・ARと目まぐるしく新テーマが登場するテック業界。新しいテクノロジーを常にウォッチしていなければ、企業のサステナビリティは危うくなります。そんななか、デジタルリサーチでは業界の方々の情報交換と交流のためにMeetupを企画しました。リラックスした雰囲気の中で歓談し、まだ知られていないテクノロジーや新しい発想、ビジネスモデルなどの発見と創造の場になることを目指しています。 今回のDR Meetupでは、4月発行予定のDR第6号の特集を早出しして、注目の企業がビジネスを急展開するために使っているクラウドサービスの数々を紹介しました。長い時間をかけてシステムを自社で作り込んでいては、現在のデジタルトランスフォーメーションのスピードに追い付けません。自前で用意するのはコアの技術とビジネスのアイデアのみ、あとはクラウドで提供される技術をつなぎ合わせて素早くサービスを立ち上げる。すっかり有名になったユニコーン達の成功の秘訣に迫りました。 そのほか、サンフランシスコで行われたGDC 2017(Game Developers Conference)の現地レポートや、デジタルリサーチの提供するテクノロジー選定プラットフォーム「DRive」の紹介などを行いました。今後も定期的にMeetupを開催する予定ですので、ぜひお気軽にご参加ください。 本件に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 川尻 智幸 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
thumb_dr1605

雑誌「Digital Research 2016年12月号」発刊

  HubSpot CEO兼共同創業者ブライアン・ハリガンのインタビューやマーケティングオートメーションなどを特集   株式会社デジタルリサーチ(以下、デジタルリサーチ)は、米国テック系スタートアップ企業の情報とトレンドをご紹介する雑誌「デジタルリサーチ2016年12月号」を発刊いたしました。印刷版のほか、PDFによるデジタル版も無料でダウンロードいただけます。 Digital Research 2016年9月号の内容 HubSpot CEO 兼共同創業者 ブライアン・ハリガン インタビュー 特集 デジタルマーケット攻略のスーパーツール マーケティングオートメーション マーケティングオートメーション関連 デジタルサービス18選 注目スタートアップCxOインタビュー Cloudera Doug Cutting、AdRoll Aaron Bell インタビューほか こちらで印刷版をご購入いただけます。 富士山マガジンサービス http://fujisan.co.jp/pc/web-dr 本件および広告掲載に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 川尻 智幸 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
DRive(Digital Research internet venture eye)

テクノロジー選定プラットフォーム DRive公開

2016年10月11日 株式会社デジタルリサーチ  株式会社デジタルリサーチ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:島田憲治、以下デジタルリサーチ)は、テクノロジー選定プラットフォーム「DRive(Digital Research internet venture eye)」をリリースしました。 近年、シリコンバレーを中心として新たなテクノロジーサービスが生まれ、産業全体にイノベーションを起こしています。このため業種や規模にかかわらず、企業にとってテクノロジー関連の情報収集は、成長や存続に必須のものになっています。 しかしながら日本では、このトレンドの全体像を俯瞰する術(すべ)を持っている企業はほぼ存在していないと言っても過言ではありません。その原因としては、 新興市場の常としてプレーヤーが目まぐるしく変わるため常にウォッチしていないとキャッチアップできない、 さまざまなストリームを把握するためには専門知識が必要であり対応できる人材が限られる、 イノベーションの中心は国外であり言語や距離的な制約がある、 などが挙げられます。 このためデジタルリサーチでは、テクノロジー企業を包括的に把握するためのサービスとして「DRive」の提供を開始しました。DRiveは米国、欧州、中国、日本のテクノロジー企業の情報をお届けします。企業名、所在地などの基礎データから製品情報、顧客情報など、製品選定、提携、投資などに欠かせない各種情報を蓄積しています。さらに独自の指標に基づいて選出した注目企業を、注目度の変化とともに毎週お知らせします。DRiveは、お客様が何らかの関係を構築すべき候補先を発見するセンサーとなり、自社の意思決定を加速することに役立ちます。 DRiveではさまざまな企業のニーズや規模に応えるため、複数のライセンスプランを用意しています。特定分野の調査に向いたエントリーライセンスから、幅広い地域・分野の全体感の捕捉ができるエンタープライズライセンス、また、ニーズに合わせて追加できるオプションサービスも複数揃えています。一定期間無料でお使いいただけるトライアルライセンスも用意しています。ご利用の際はDRiveのウェブサイトからお申し込みいただけます。 https://digitalresearch.io 本件および広告掲載に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 川尻 智幸 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
雑誌「Digital Research 2016年9月号」発刊

雑誌「Digital Research 2016年9月号」発刊

  App Annie CEOバートランド・シュミットのインタビューや AIの最新情報などを特集   株式会社デジタルリサーチ(以下、デジタルリサーチ)は、米国テック系スタートアップ企業の情報とトレンドをご紹介する雑誌「デジタルリサーチ2016年9月号」を発刊いたしました。印刷版のほか、PDFによるデジタル版も無料でダウンロードいただけます。 Digital Research 2016年9月号の内容 App Annie CEO 兼共同創業者 バートランド・シュミット インタビュー ITイベントレポート2016上半期 AI特集 活況を呈するAIクラウド&Webサービス メジャー&スタートアップの合従連衡 注目スタートアップCxOインタビュー × 5 SpeedCurve スティーブ・サウダーズ、Teradici CEO ダン・コーディングレイ インタビューほか 主なAI企業買収事例 訂正のお知らせ こちらで印刷版をご購入いただけます。 富士山マガジンサービス http://fujisan.co.jp/pc/web-dr 本件および広告掲載に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 川尻 智幸 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
transform2016_04

「デジタルトランスフォーメーション」の意義と実際が見えた1日

「DR Transform 2016 Spring」開催 2016年4月19日、最先端テクノロジーがビジネスに引き起こす変革(Transform)をテーマに、デジタルリサーチ主催のイベント「Transform 2016 Spring」が東京・渋谷の渋谷ヒカリエホールにて開催されました。 今や世界中のビジネスと企業がデジタル化による変革を迫られています。ワールドワイド規模の老舗や超大手企業さえも脅かす、デジタルテクノロジーでスパイクを目指すスタートアップが次々と生まれているのです。そこで、今回のイベントでは、アメリカ発のホットな企業を迎え、世界中で起きているTransformのケーススタディ―を直接解説するセミナーを開催しました。300人を収容するステージは満員の盛況で、アプリケーション性能マネージメントのAppDynamicsとアプリケーション改ざん防止技術のArxanの2社による合計2時間の大スクリーンを使ったセッションに熱心に見入っておられました。 その後、デジタルリサーチが本格展開を開始したテクノロジーサイトTechMarketのオープニング記念の意味も含めたパーティーが開かれ、こちらも立錐の余地のないほどの盛況。歓談の合間にはAppDynamics、Arxanにアクセスデバイス推定技術のAdTruth、インターネット視聴率のcomScoreも加わったスタートアップ4社によるピッチも行われ、各社が設けたブースには、より詳細な技術解説を求める人々が詰めかけました。やがてアルコールが進むに連れて、参加者相互の交流もあちこちで行われ、ミートアップの場としても大いに活用していただけたようでした。 デジタルリサーチでは今後もさらに規模を拡大したイベントを企画しております。ぜひご期待ください。 イベント開催概要 DR Transform 2016 Spring Transform to the Digital Enterprise Economy 2016年4月19日(火)16:00~20:00 東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ9F ヒカリエホールB 本件および広告掲載に関するお問い合わせ先 株式会社デジタルリサーチ マーケティング部 太田 祐子 TEL:+81(50)3772-5639 info@digitalresearch.net

 
Digital Research Transform 2016 Spring 開催

Digital Research Transform 2016 Spring 開催

  激変のアメリカ最先端のテクノロジー 世界にTransformが巻き起こる   世界中で次々に生み出される新しいテクノロジーサービスは、既存のビジネスや企業のあり方に変革(Transform)を促しています。本イベントはこのTransformにフォーカスし、イノベーションの中心であるシリコンバレーのスタートアップのトップを走る最もホットなユニコーン企業などを迎え、北米での大手企業の具体的なケーススタディを紹介し、リアルな変革を皆様に感じていただきたいと思います。 また、セミナーの後には、シリコンバレーを中心に大手企業のデジタルビジネスへのTransformを支える基幹技術を提供する数千社を網羅したテクノロジーサイトTechMarket.ioのβリリース記念パーティも予定しておりますので、交流や情報交換の場としてぜひお楽しみください。 日時: 2016年4月19日(火) 16:00 – 18:00(セミナー) 18:00 – 19:30(パーティ) 場所: 渋谷ヒカリエ 9F ヒカリエホール(ホールB) 参加費: 10,000 円(税込 :1名様) セミナー: 「デジタル・ビジネスを支えるアプリケーション・インテリジェンス・ソリューション」 Jim Cavanaugh (ジム・カバナー)氏 AppDynamics APAC VP & Managing Director 昨年まではAPMソリューションを提供するAppDynamicsの米国西海岸地区の副社長を務め、2016年より新たにAPAC副社長兼地域統括責任者に就任し、日本を中心にAPACでの事業に従事。AppDynamics入社以前は EMC、PTC、ADPにおいて要職を歴任。 「IoT, Fintech, HealthTech, CarTechをクラッキングの脅威から守る」 Aaron Lint(アーロン・リント)氏 Arxan Technologies VP Of Research 10年以上にわたって情報セキュリティと暗号化技術分野における産業界と学術研究に携る。特にリバースエンジニアリング、コンパイラー、リンカーやOSについて深い技術を持つエキスパート。世界中のハッカーコンファレンスに参加し、グローバルな最新のハッキング事情を周知している。   本イベントは終了致しました。 株式会社デジタルリサーチ お問い合わせ: info@digitalresearch.net   報道関係者様へ 本イベントの取材は事前登録制です。事前登録無しに当日来場いただいても、入場をお断りする場合がございます。原則として、会期中、会場での登録は受け付けません。[…]